肩甲骨の辺りの筋肉の硬直と、鎖骨の辺りに老廃物が溜まっている。

 

 

"脳や目の疲れにより、首筋から背中にかけてと、リンパ節から鎖骨のあたりにかけての肩回りが重苦しく、肩を回そうとしても回らない。

 

週2回ほど整体やエステに通っているが、一時は改善しても、日常生活に戻ると直ぐに元の状態に戻ってしまう。

 

さらに、肩の凝りがリンパの流れや血行を悪化させるため、冷え性・眼精疲労・頭痛・不眠・うつ状態をも引き起こすため、社会生活にも影響を及ぼし、悪循環に陥ってしまう。

 

そして、一度そこまで悪化してしまうと、改善させるためには肩の凝りをほぐすだけでは治らず、医療機関に頼ったり、食事に気を配ったりなど、様々な努力が必要となり、逆にストレスが溜まってしまうことにもなり兼ねない。

 

自力で改善したくとも、運動は苦手で、独自のストレッチはしているが、具体的にどのような方法が正しいのか分からず、教室に通う時間は無く、プライベートの時間で改善させるには限界が生じることもある。

 

 

 

本心なら、毎日でも整体やマッサージに通いたいが、そこまでお金をかけることも出来ないため、自分で何とかするしかなく、途方に暮れることもある。"

 

 

腰痛や肩こりは、日頃の姿勢などに問題があることも多いのですが、実はマットレスが原因となっていることもあります。
腰痛マットレスや肩こりについて詳しくはこちら!→http://xn--nckgz3bza4k8cwa9db5415qtb3a.net/

 

 

 

 

肩に繋がった神経や筋肉を温める。

 

 

"一つ目は、冷たい水やジュースを控え、白湯を常備し、喉が渇いたら白湯を飲むこと。

 

身体全体の血流が良くなり、肩凝りにはもちろん、不眠や疲労の解消にも効果がある。

 

二つ目は、ホットタオルを患部(肩回りや、肩に繋がる神経や筋肉が密集している部分)に当てることで、代謝を上げて血流を良くすること。

 

寝る前に行うと寝つきが良くなるため、安眠効果があり不眠にも良く効き、医学的には温湿布と言い治療にも用いられている。

 

三つめは、好きな香りのするアロマオイルを使用したり、芳香剤などを置くこと。

 

リラックスすることで、筋肉の緊張を徐々にほぐしていき、結果的に肩凝りにも効果が出る。

 

四つ目は、ヨガを行うこと。

 

ストレッチをするよりも、ヨガの本を購入して本格的に行う方が、余程リラックスした状態で筋肉の緊張や凝りをほぐし、その上で脂肪を燃やして筋肉を生成していくことで、柔軟な体を作り上げることが出来る。

 

五つ目は、なるべくストレスを溜め込まないよう、たまには頑張らずに好きなことを好きなだけやること。

 

精神的疲労は筋肉の緊張や硬直を引き起こすため、肩凝りだけでなく、全身に凝りを作ってしまうため。"

こんな記事も読まれています♪

更新履歴