眼精疲労からくる肩こり

 

 

"仕事柄7時間以上はパソコンを使うので、とても眼精疲労があります。

 

首筋や肩のコリには慢性的に悩まされています。

 

酷い時には吐き気がしてきたり、食欲不振にもなります。

 

気分的にも憂鬱な状態になり、デスクワークにも集中できません。

 

仕事をしない訳にはいかないので、無理をしてやっていると気分が悪くなり悪循環を繰り返してしまう事が一番の悩みです。

 

肩こりには応急処置として湿布もしますが、あまり効果がなく酷ければ病院に行って痛み止めの注射や鎮痛剤も飲むので金銭的負担もあります。

 

針もやらないよりは良いと思うので、高いお金を出して行っています。

 

でもどれも一時しのぎにしかなりません。

 

持続して肩こりを緩和してくれるものは今のところ見つかっていません。

 

少なくとも20年以上は肩こりに悩まされているので、うまく付き合っていくかどうか考えています。

 

肩こりで他の病気にならないかどうかも心配です。

 

気分的に浮かない日々を脱出して、少しでも肩こりのない生活をしたいです。"

プールで泳いで鍛える

 

 

 

"仕事中の肩こりは冷湿布で応急処置をしています。

 

貼りたてはひんやりしていて、熱を持っているような肩こりが緩和されるような気分になるので少しの間だったらカブレも起こさず効果的です。

 

肩こりが酷い時には、鎮痛剤も服用します。

 

効果が出る時と出ない時がありますが、鎮痛剤が効いてくれれば肩こりもあまり気にならなくなります。

 

後は座りながらできる、肩甲骨を動かしたり首をゆっくり左右に動かして簡単ストレッチみたいな事をすると良くなる時もあります。

 

また冷蔵庫などで冷やしたタオルを目の上に暫く置いておくと肩こりが改善される時もあります。

 

実際今本格的な事で改善に取り組んでいるのが、針による治療・外科による痛み止めの注射及び弛緩剤と鎮痛剤の服用。

 

また運動不足も認識しているので、1年前にスポーツジムに入会しました。

 

ジムではプールでゆっくり歩いた後、ゆっくりペースで泳いでいます。
 
水の中での運動は普段動かさない筋肉も使うので、泳いだ後は肩こりはだいぶ改善されています。

 

但しまた仕事をしたりすると戻ってしまうので、マメに泳ぎに行こうと思っています。

 

筋肉も鍛えられて良いと思います。"

こんな記事も読まれています♪