重い荷物が持てない。長時間作業ができない。

 

 

"同じ姿勢でいると肩が張ってしまうため、長時間のデスクワークはとてもきつい。肩や首が重くなり、重石が肩に乗っているようである。たまにピキっという音を立ててつりそうになることがある。ひどいときには、首から肩が固まってしまい、耳鳴りや、手の痺れを起こすことがある。

 

固まっている範囲が広く、肩甲骨から首にかけてなので、本当に重い荷物を常に背負っているように感じる。
 
また、重い荷物を背負うと、肩こりがひどくなるので、なるべくカバンの中身は少なくしている。

 

肩こり改善のためにストレッチを自身で行っているが、肩の可動域が狭く、肩に無理がかかるため、動かす時にポキポキっという音がなる。

 

長年定期的に整骨院に通ったり、自身でもマッサージやストレッチをしているが、なかなか改善されず、非常に困っている。整体にも行ってみたが、自分の体に合わない施術だと思ったので、やめてしまった。肩甲骨は自分ではなかなかマッサージできないので、どうにかしたい。"

ストレッチや運動で改善する

 

 

"首や肩周りを中心としたストレッチや体操を毎日少しずつ行い、首や肩の可動域を広げる。また首や肩甲骨は周辺を温めるために、お風呂はシャワーで済まさず、入浴し、ゆっくり首までつかる。肩や首に負担のかかる姿勢をとらないように、常に姿勢を意識する。

 

仕事や作業の合間にこまめに休憩を入れ、肩や首のストレッチを行う。

 

また、趣味であるテニスを最近やっていないので、テニスで肩を動かして肩の運動をすることで、肩の筋肉をえたい。

 

冷え症も関連していると思うので、食事や生活習慣を見直して、冷え対策も行う。栄養に偏りのない食事をとり、決まった睡眠時間を確保して、健康的な生活を送る。

 

眼を酷使する時間を減らし眼精疲労を予防する。また、毎日、眼を休ませる時間を作り、温めてマッサージなどのケアすることで、眼の疲れを癒す。

 

定期的に整骨院などに通い、固まった筋肉を揉みほぐしてもらう。また、骨盤矯正などを行い、姿勢を矯正する。

 

以上のような改善方法に少しずつ取り組んでいます。"

こんな記事も読まれています♪